子育てと大人も楽しめるブログ

パパ・ママも楽しめる育児生活の情報を紹介します。

日本の原風景 京都・美山

皆さんおはようございます。




夏の終わりに行きたかったのですが、台風の影響で鞍馬寺から全線通行止めになっていたので、やっと来ることができました。




道中、台風の爪痕か、山の半分が倒木のところなんかあり、痛々しい光景でしたが、今は全然大丈夫です。




やはり、京都・美山といえば、茅葺き屋根の家がたくさん残ってる。




日本の原風景な感じ。




懐かしい感じでほっこりする〜。




お目当ての、道の駅「美山ふれあい広場」に到着。




バイクライダーさんがいっぱい。




バイクライダーさんがいるところは、美味しいものがあることが多いんですよね。




ちょうど、デザートタイムだったので、美山の牛乳を使ったソフトクリームを注文。







いわゆる濃い味系ではなく、さっぱりした味わいで、クリームのところがボリュームがある。




さっぱりしているので、ペロリといけちゃう。




ミルクの質がいいのでしょうね。




おむつ替えは、森の案内所の中にある授乳室がおススメ。







外のトイレは、冷たくて泣くんですよね。




ここは、あったか生地でナイスです。







せっかく美山まで来たから、お買い物で牛乳は外せない。




それと、柚子胡椒。




柚子そのものの色合い。




鍋の季節なので、これひとつで食卓が楽しくなる。




奥さんも満喫して、復興も兼ねて行けたので、なんだか満足。




道の駅「美山ふれあい広場」

京都府南丹市美山町安掛下23番地

TEL 0771-75-1906

FAX 0771-75-5301

絶品!野菜鍋。さすが京都やわ〜。

皆さん、こんばんは。




今日は久しぶりに雨でしたが、インフルエンザ等が流行っているので、適度に雨は降って欲しいですね。




今日の晩御飯は、男飯の定番の鍋。





道の駅で買った野菜を集めて鍋。





結論から言うと、野菜たっぷり鍋でした。





鍋はこちら。







豚肉を買ってきたのですが、野菜が多くて肉のエリアはなし。




かろうじて、肉団子が4つのみ。





後は、野菜。道の駅で買った野菜。





ほとんどが、福井県の若狭地方の食材で用意したのですが、ビックリすることに味付けがほとんどない。




焼き豆腐、お揚げさん、舞茸、ゴボウからダシが出て、少し味噌を入れただけ。




なのに、美味しい。




肉を入れてないけど、コクがある。








脇役たちは、福井で買った加工品。





これが、いい仕事する。





日本の原風景が残る、京都の美山で買った牛乳と味噌を合わせた鍋。




アクセントに美山の柚子胡椒。








市販の柚子胡椒って、緑色じゃなかった?





食べると、柚子そのもの。





湯豆腐と合わせても、贅沢なアクセントになる。





肉のない鍋で、こんなに美味しいのは初めてでした。

海鮮を食べに福井へGO!

皆さん、おはようございます。




飲み会などが続き、ブログを更新できずにおりました。




飲み会に行ったお詫びを兼ねて、奥さんと海鮮丼を食べに福井へ向かうことに。




子供も珍しく、7時に起床。




朝ごはんを食べてもらって、福井に行くことに。




福井は、インフルエンザなどの感染症リスクが一番低いことを夫婦で情報交換をして、行くなら海鮮を食べに行こう!となった。




当初、道の駅「シーサイド高浜」に向かっていた。




なんとなく名前が美味しい海鮮を提供してくれそうとあいまいな理由でナビをセット。




基本的に、道の駅のホームページの情報量と実際の体験とはギャップがありすぎるので、事前情報収集でホームページは信用しない。




道の駅「シーサイド高浜」の手前に、道の駅「うみんぴあ大飯」があったのでなんとなく寄ってみることに。




これが入ると大当たり!




道の駅めぐりをしているとなんとなくわかる感覚。





入口を入ると目の前が海で絶景のロケーション。






雪だるまさんがお出迎え。




ここでお昼ご飯にしよう。




私はお目当ての海鮮丼を注文。








お刺身が9種類と豪華~。







9種類のお魚は掲示をしてくれて親切。




なんとなくより、わかっていた方がうれしいですね。




福井のサーモンを使ってる。




いまどき、国産のサーモンでさえ、なかなか使ってないのに。




地魚を食べられるのはやっぱりうれしい。




奥さんは、焼きサバ定食。




キレイな海と一緒にご覧ください。






奥さん曰く、肉厚があるとのことで大満足の様子。




スイーツも目を引くジェラートのラインナップ。






近くの牧場で取れたミルクを使用しているとのこと。




環境のいい場所なので、牛さんもいいお乳を出すことでしょう。




ベビーチェアもたくさん常備しており、使いやすいつかまりバーがあるタイプ。






つかまりバーがあるタイプは、半数の道の駅しか置いていない印象なのでありがたい。





奥には家族で楽しめるフラットタイプのファミリー席が。






お子様歓迎という姿勢が安心して利用できますよね。




実際に、レストラン「うみぼーず」さんの客層の9割が小さいお子様連れ。




ナンバープレートが地元や近隣の方が多かった。




海を眺めながらお子様連れでも気兼ねなく美味しい魚が食べられることが貴重ですよね。




買い物も、お子様用のカートがあってゆっくり地元のお土産を品定め。





おみやげには、しいたけ栽培キットなどもありなかなか攻めたラインナップ。




すぐ近くには、「こども家族館」なる施設があり、日曜日ともあってたくさんの方が訪れていました。




体験施設も豊富で、海もキレイ、海鮮は美味しい。




奥さんも大満足な一日になりました。